プロフィール

ほびたん

Author:ほびたん
おうち北海道札幌市在住おうち
ほびたんウインク遅刻魔事務員さん

肉球M.シュナウザー(♂)アッシュ7歳
肉球M.ピンシャー(♂)ホビー8歳
肉球ラブラドール(♂)ノーマン14歳


最近の記事


お気に入りリンク♪


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


FC2カウンター


 

現在の閲覧者数:

 Adgger



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたご無沙汰して申し訳ございません。

今更ですが・・・
皆様、温かいお言葉、本当に、本当に、ありがとうございました。
涙が溢れました。勇気付けられ、読み返す度に、何度も励まされました。
ノーマンも私も温かい言葉をかけてくれる方達がいて幸せだなぁと。

そして、いつまでもくよくよしてても・・・前向きに頑張ろうと思い、
2009年1月7日に、皆様の所へご挨拶に伺おうと思っていました。


ですが、その日の朝9時頃、私の父が倒れてしまったのです。


書こうか書かないか迷っていたのですが、普通に生活をしていると
当たり前になってしまう事があると思うのです。
小さな幸せや、小さな事にも感謝する気持ちや、他にも色んなことを
見落としてしまう事があると思うのです。

私はそんな気持ちを毎日毎日、大切にしていきたいなと。
皆さんにも毎日をもっともっと大切に過ごして欲しいなと思いまして。
どんな形かはわからないけれども誰にでも起こりうること。
いつまでも元気だと思っていてはいけない。
今日ある笑顔が、もしかすると明日にはないかもしれないから。


1月7日は仕事始めの日で、結構雪が降り積もっていたみたいで
私の彼が、地方に泊まりで帰ってくるのは昼過ぎの予定だったのだけれども
何故か朝方帰ってきて朝の5時くらいから雪かきを開始し、父が起きる頃には
もう雪かきが必要ではない状態だったそううです。

それなのに、父は除雪機を使って綺麗に除雪をしました。
そして除雪が終わり、家の中に入ってソファーに座ると体調が悪くなり
汗がバーっと吹き出てきたそう。

でも、そんな症状はたまに起こっており、いつもは甘い物を食べればすぐに
おさまるので、その日も甘い物を食べておさまるのを待っていたのですが、
症状は良くならず、おかしいと思った母は寝ている私の名を1階から呼びました。

2階で寝ている私は、いつもは何を言われても起きないけれども、
その日は何故か嫌な予感がしてパッと起きて階段を駆け下りました。
そこで見た光景は・・・父が胸の当たりに手をやりながら苦しんでいる姿。
母はどこかに電話している様子。

寝起きの私は、なにがなんだかわからなかったけれども
ただ事ではない!ということが一瞬にしてわかりました。

すぐに父の元へ駆け寄り、「大丈夫?今、救急車くるから頑張ってね!」と
声をかけるも、その声は届いていないのか父の目は私を見ない。
そして、みるみるうちに父の顔色がどす黒くなって・・・脈が触れなくなって・・・
本当あっとゆう間だった。

私の彼が外に出て、救急車を誘導してくれたので救急隊がすぐに到着。
父は心肺停止状態だったので、AEDによる心肺蘇生措置が何度か行われ、
心臓が震えている状態で救急車に乗り病院へ搬送されました。
その間、約20~30分は低酸素状態。

病院に着いてすぐにICUで手術が行われました。
心臓が止まった原因は、突然死をひきおこすほどの不整脈。
25年程前に一度、心筋梗塞で倒れたことがある父は、
もう心臓がかなり弱っていたみたいです。

医師からの説明によると、低酸素状態で脳に酸素が送られていない状態が
続いていたので、助かったとしても植物状態になるかもしれませんと。
蘇生後脳症という、脳に少し障害が残るのは確実ですと。

(ここからはメモ日記があるのでそれを書き写します。※長いです)
=不整脈が起こる兆候=
【1月4日】
今まで何十年もこんな事を口にした事がなかったのに、父は母に
「もう休み3日しかないのか。早かったなぁ。」としみじみ言ったらしい。

【1月5日】
夕方、いつもは絶対に自分でしない父が、自分でお風呂を沸かして入っていた。夜は、いつもはそんな所にはいないのに、ストーブの前でワインを飲んでいた。

【1月6日】
夕方に、また父が自分でお風呂を沸かして入っていた。しかも2回も入ったみたいで「体が冷えていて温まらない」と言っていた。

=不整脈が起きてから=
【1月7日】
朝9時頃、寒い所(外)から暖かい所(家の中)に入ったのがきっかけで不整脈
ICUで、両足から人工心肺、右腕から心臓の働きを助ける風船のような機械
4時頃?やっと面会。
・血圧 133/60くらい  ・体温 35℃くらい

【1月8日】
※ICUは面会は1日3回、決まった時間帯に15分間だけと決められている。
●8時面会 体が温かくなっていた・お腹の調子が悪く下っている
        腸がくさる場合があり、その場合は手術だそう。
●3時面会 大きな人工心肺の機械が外される。血圧安定。
●7時面会 ・血圧 128/40くらい ・体温 38.8℃

【1月9日】
●8時面会 ・血圧 118~121/47くらい ・体温 36.9℃
●3時面会 ・血圧 113/58 ・体温 37.5℃
        面会前にまた心臓が止まるほどの大きな不整脈がでたらしい
        右腕から入っていた心臓の動きを助ける機械がとれてた
        (↑朝にとったらしい。)心臓は自分の力で安定。
        腎臓(オシッコ)とお腹がどうか??
●7時面会 ・血圧 123/58くらい ・体温 38.1℃
        体温が高いので冷却シート?マット?を上下に。
        脳のCTは黒い影なし。少し腫れているが問題なし。
        お腹は穴が開いたりしていないので今の所、大丈夫そう。
        腎臓に負担がかかるので造影剤は使用できない。

【1月10日】
●8時面会 ・血圧 95/50くらい ・体温 37.7℃ (冷却なしで)
        3時までに左足に挿したままのつけれなかった機械を取る。
        肺の水も。
●3時面会 ・血圧 142~150/68 ・体温 37.7℃ (下に冷却あり)
        左足に挿していたものが取れていた。冷却中。
        肺の水は脂肪があるので抜かずに、利尿剤を使っているので
        それで一緒に出るのを願う!
●7時面会 ・血圧 110/60 ・体温 36.3℃
        眠らせる薬(鎮静剤)の量を減らし始めていた。

【1月11日】
●8時面会 ・血圧 135/65 ・体温 37.9℃
●3時面会 ・血圧 148/76 ・体温 38.5℃
        11時に鎮静剤を止めた(抜けるには2~3日かかる?)
        咳をして痰を自分で出そうとしている。(良いこと)
        呼吸器を弱めていた。
●7時面会 ・血圧 135/68 ・体温 38.0℃

【1月12日】
●8時面会 ・血圧 110/60 ・体温 38.7℃
        朝6時半にまた不整脈。電気で安定。
        呼吸器の横に口に空気の管(チューブを噛んでしまうので5本位)
        が入っていて口が開いていた。
●3時面会 ・血圧 138/60 ・体温 38.7℃
        腎臓・腸は良くなってきている。面会ちょっと前に目を開けて
        キョロキョロしたり、咳が辛そうだったらしく(一時血圧が180位に)
        弱い鎮静剤を入れ始めたところだった。左目すごく充血している。
●7時面会 ・血圧 127/67 ・体温37.1℃
        目を開けて、声をかけると見てくれた!

【1月13日】
※この日から私は仕事を父の分までしなきゃなので3時は行けなくなる
●8時面会 ・血圧 139/67 ・体温 38.4℃
●3時    CTをとったらしい。異常なし。
●7時面会 ・血圧 148/67 ・体温 39℃

【1月14日】
●8時面会 ・血圧 138/67 ・体温 38.4℃
        昨夜11時より鎮静剤を止めたとの事。
●3時    ・体温37.4℃
●7時面会 ・体温37.1℃
        喉が辛そうでまた鎮静剤。(量増えた)場所が奥に移動。

【1月15日】
●8時面会 ・血圧 118/58 ・体温 37.1℃
        チューブ(噛まない為の管)なかった。寝ていた。
●3時    鎮静剤入れているけれど目を開けたらしい。
●7時面会 手足がバタバタ動いていた。でも左足は動かず。

【1月16日】
●8時面会 ・血圧 128/58 ・体温 37.4℃
        手足を少し動かしていた。
●7時面会 夕方からリハビリ開始??

【1月17日】
●8時面会 ・体温 37.8℃
        今まで左足の動きが見られなかったが動かしていた!
●3時面会 ・血圧 118/57 ・体温 37.8℃
        鎮静剤を止めていた。
●7時面会 私が微笑むと父も目をギュッとして笑っているような感じがした。

【1月18日】
●8時面会 ・体温 37.5℃
        うなずいたりした。ほとんど自分で呼吸していた。
●3時面会 呼吸器が取れていた!!(11時にとったらしい)
        痰が多く苦しそう。
●7時面会 ・血圧 137/67 ・体温 37.8℃

【1月19日】
●8時面会 ・血圧 130/65 ・体温 37.3℃
        何かしゃべっているように口を動かしていた。
●3時    首につけていた薬を入れる管が外れた。
        座ったりするリハビリをしたらしい。
●7時面会 声が出た!!!!!母を抱き寄せてチューした!2回も!!
        助けてくれてありがとうと言っているようだった。

【1月20日】
●8時面会 ・血圧 118/65 ・体温 37.5℃
        ガラガラの出るか出ないかのような声だけど「おはよう」と言った!!
●3時    ICUから家族控え室隣の救急外来?に移動。
        面会時間が3時~8時までに変更。
●7時面会 また母にチューした。

【1月21日】
●3時    普通の入院病棟の病室(観察室)に移動。
        私の彼が父に頭を叩かれたらしい。
●夜     少しずつ言葉が出るようになり、口ぐせができる。
        「だから」「ね」「いい?」「ダメか」「バーカ」
        私が作る餃子の話をしていたら父が「おいしいしょ」と言った。
        自分でオナラをして「くせーなおい」と言った。

【1月22日】
兄が3時頃に面会に行ったが、夜、「お兄ちゃん来た?」と聞くと
「来てない」と答えた。
ゼリー食開始。(飲み込む力がなく、肺に入ってしまう可能性が高いので最初はゼリー、その次にトロミ食、そして普通食となる)日中「ゼリー食べた?」と聞くと
「食べてない」と。ゼリーは嫌いなようで、夜、2口で嫌がっていた。
歯磨きをしても歯ブラシを噛む。

【1月23日】
痰を自分で出した!3回ほど。

【1月24日】
私の彼の名前、いつも母を呼ぶ呼び方を言った。

【1月25日】
(意識がない時からフォトフレームで動画を流したり、
音楽を聴かせていたりしていたのですが)
動画を見せると反応が良くなってきた!!「アッシュ」と言った!
「あーちゃん」「ホビー」「私の名前」も言った。
「さっきから言ってるしょ~」「疲れるな」とかも。
オレンジゼリー食べたが1~2口。

【1月26日】
桃ゼリー一口のみ。
頭を手でポンポンしながら「お父さん最近アレなんだ」「今日は調子悪い」
など話したいけれども言葉が出てこなく、物忘れが激しいような事を言ってた。
フォトフレームでホビーの動画を見せると、ホビーが本当にいるように
見えているのか不思議そうで・・・だから冗談で「ホビー家出したんだよ」って
言ったら驚いていた。 部屋が隣の1人部屋に移動。
広いけれども、窓際にベッドが置いてあるから「寒い」と言っていた。

【1月27日】
昼は緑茶ゼリーだったらしい。
夜お兄ちゃんも来た。ゼリーじゃなくゼリーより柔らかいドロドロのやつを
食べていた。歩行器で少しだけ歩いたみたい。車椅子でも散歩したみたい。
父の好きな曲「We are the world」を聴かせた。

【1月28日】
入ったらぐっすり寝ていた。ゼリーみたいのリンゴ味2/3くらい食べた。
父が好きな、ビートルズ・加山雄三・美空ひばりなどの音楽を聴かせると
少し歌ったり、鼻歌みたいに声を出したりしていた。
「○○(私の彼の名)は?」と聞かれた。
ホビーの動画を観て嬉しそうだった。

【1月29日】
「もしもピアノが弾けたなら」「恋人よ」などの音楽を聴かせた。
少し鼻歌をうたっていた。
もしかすると来週あたり、清田区の病院に転院するかも??

【1月30日】
いきなり「ノーマン」って言った!!(2回)
食欲が出てきて「飯くれ」と言っていた。

【1月31日】
車椅子で同じ階を散歩した。(心臓の数値を見る機械をつけているので)
夕方のブドウゼリー、半分ちょっと食べた。
仕事のことを気にしているようだったかな?
「昨日ポチたまだったんだよ。見たかったね」と言ったら
「失敗したなー」と言っていた。

【2月1日】
父が乗っているセルシオを何故か私にあげると言ってきた。
「父はどうするの?」と聞くと、私のコンパクトカーで良いと。
モモゼリーみたいなやつ全部食べた!!

【2月2日】
歩くリハビリ。
またセルシオくれるって言ってた。

【2月3日】
☆父60歳☆HAPPY BIRTH DAY☆
誕生日プレゼントに病院で着るカーディガンをあげたら喜んでいた♪

CT検査は異常なし?看護士さんがインフルエンザになったから
4日間、リレンザ吸入することになった。
帰りに、母とチューをさせた(〃ノωノ)

【2月4日】
飲み込みの検査合格!明日の昼は違う食事が出るらしい。
夜、トロミ食。自分でコップを持ってすぐに全部食べた。
またセルシオをくれるって。「私じゃなくお兄ちゃんには?」と言うと
「(兄は)お金ないからなぁ」と(維持が出来ないだろうという意味・笑)

【2月5日】
お昼ご飯「おもゆ・魚・ぶどう」が出たらしい!
私が仕事中、3時すぎに病院にいる母から電話がきて、父とも話した。

【2月7日】
お昼ご飯「おかゆ・ナス・うま煮みたいなの」結構食べてた。
トイレも自分でするって言って歩いて病室にある簡易トイレでしていた。

【2月8日】
面会行くのが夜になっちゃって、したら「遅かったな」って。待ってたみたい。
「のんくん元気か?のんくんの事が一番心配なんだ」と。
ノーマンが旅立ったことを忘れていて、でもショックを受けると思い
本当の事は言えず、「元気だよ」「大丈夫だよ」としか言えなかった。

【2月9日】
日中、1人で歩いていたらしい!!

【2月10日】
鼻から胃に繋がっている栄養剤を入れるための管が取れていた!
ご飯が、朝・昼・晩になったみたい。

【2月11日】
新聞が読みたいらしく「新聞!新聞!」と怒っていた。
ご飯をほとんど残さず食べた。ずっと寝たきりだったのでお尻に大きな
青タンができていて物凄く痛そう。

【2月12日】
(午前10時)
清田区の病院(心臓の状態をみながら脳のリハビリが出来る所)へ転院。
足の痛みがあり、それは足の動脈に管を入れたことによって。
背中の方に血栓があるせいみたい。お腹は張っている状態。

(家から1時間弱かかる所にある病院なので、仕事帰りに行けなくなる)
【2月18日】
心臓のCT異常なし。退院したそうだった。
アッシュとホビーの写真アルバムを持っていったけど全然見てくれず
それよりも仕事の話を心配していた。

【2月20日】
いきなり父が「死んだのか?」と。 ビックリして「え?!」と言うと
また「死んだのか?」と。 ノーマンのことだなと・・・彼が全てを話してくれると
父は「ノーマンの話が出てこないからおかしいと思った」と。
ノーマンとのお別れの記憶は消し去られていて、全く思い出せない状態。

涙して、とっても悲しそうだった。そんな父の姿を見て私も涙した。
徐々に癒えてきていたのに、どうしてあんなに辛い思いを二度も・・・


(そして、次に病院に行くまでの間、色々なことがありました。
父の会社の得意先が民事再生を申請。それが父の会社に大きな影響を・・・不良債権が1600万円くらいだったかな?もっとだったかな?くらいで、連鎖倒産を防ぐセーフティーネットで運転資金の融資を申請したのだけれども、通った額はまだ回収していない売掛金の400万円程度。既に手形で回収していて期日がきていない分はおりないということでかなり厳しい状況。

父はワンマン社長でほとんどのことを父が一人でやってきました。なので、父がしていた仕事を代わりに出来る人がいなく、皆が皆、わからない状態。そんな中、皆が一丸となってやってきたけれども、資金不足の中これ以上、会社を続けていくには無理があるし、会社を続けたとしても、この不景気なのできっとその時以上に、周りの人達(社員や買掛先など)に迷惑をかける事になる可能性が高いし、父ももう仕事は無理だと医師にも言われていたので、家族で話し合い、色々な人に相談をし、アドバイスも受け、破産手続きをすることにしました)


【3月2日】
兄が父に、会社のことを話した。
それを聞いて父は納得しました。「その状況では無理だ」と。

(なので会社を破産する為に、私は書類作成に追われる日々を過ごす。
でも、これに納得していない人が居て、社員が納得しないのはわかるけれども、親族が納得しなかったので協力を得られず、嫌がらせをされたりでとっても大変でした;お昼にやっている、電話相談のような感じのゴタゴタさ。テレビで観ている時は親族間でこんな事があるのか?と信じられませんでしたが、お金が絡むとあるんだとハッキリわかりました!!

父がこれ以上、仕事をすると命に係わるというのに、自分が父に養ってもらわないと困るからか、意地でも父に仕事を続けさせようとしたり(父が退院してからも暫く続きました)こんな状況の中、あちこちに父以外の私達家族の悪口を言いふらしたりと・・・まるで子供のような信じられない行動も沢山とられました。

悪口などは良いとしても、親族なのに、今まで散々、父に世話になってきたのに、父の命よりも自分の生活を第一に考えていることに物凄く腹が立ち、私はそんな親族を許せません!!だからといって恨むとかはないけれども、もう係わりたくないので係わらないことにしました。私と兄は。
そんな話はもうやめにして戻ります;)


【3月3日】
私と彼、実は元々1月11日に籍を入れる予定でした。でも、父が倒れてそんな状況ではなかったので、伸び伸びになっていたのだけれども、私的にはもっと伸び伸びで、父が退院して落ち着いてからが良かったのだけれども、籍がはいっていないと面倒なことが多かったので3月3日に入籍しました!
それを父に報告しに病院へ。「おめでとう」と言ってくれました^^

そして会社のこと、「大変だったろう。辛い思いをさせてごめんな。色々してくれて本当に感謝してるよ。ありがとう。」と父が涙を流しながら言うのです。
そのままそっくり返したい言葉ですよ。私は感謝されるようなことは何もしていない。今までもっと手助けできることあったのに何もしてあげられなかった。父の方が一人で走り回って辛かったはず。大変だったはず。

父はどこまで優しい人間なんだ。いつも自分より他人が優先なんです。自分が犠牲になっても他人を救おうと思う人間なんです。私も父のようになりたい。そんな心を持とうと思った日でした。

【3月7日】
ノーマンの写真アルバムを持って病院へ。
それを見て、父はウルウル・・・そんな姿を見てまた私もウルウル・・・

【3月9日】
紙に図を描いて、和室の本棚の引き出しの中にプラチナのブレスレットが
あるから、それを私の彼にあげると言う。

【3月12日】
リハビリ運動を初めて見た。
25分くらいも自転車の機械をこいでいた。ゴムを使って体操もしたり。

【3月15日】
1階のテーブルの所でおはなし。ノーマンのことでウルウル・・・
(夜、家にお兄ちゃんが初めて彼女を連れてきた。会った事もない父の回復を祈ってくれたり、色々と協力してくれたり、優しくてとっても良い子。)

【3月18日】
父が自ら、作業療法(字が思い出せなく書けなくなってしまったので、字を書く練習をしたり、物の名前を絵などを見せながら思い出させる?教えてくれる。)を1時間増やして欲しいと先生に言ったらしい。
ひとまず、身体障害者3級申請。

【3月21日】
父の知り合いが面会に。家族以外は初めて。
(今まで会話が出来る状態ではなかったので色々な方から面会したいと言われていたのですが、母が父にも良いかを聞いて、この日に決めました。)

【3月24日】
父の病院へ。
倒れる前は全く飲まなかったのに、この病院に転院したからはコーラを好んで飲むようになった。

【3月26日】
ちょっとした理由があって私と彼は実家を出なければいけなく(結局、私達だけで出なくても良かったので失敗)、アパートに引越ししました。と言っても、母を1人、広い家に残しておくわけにはいかないので、暫く私は実家で過ごす。

【3月31日】
清田区の病院から、元の病院に手術の為、転院。
転院してからは家から近くなったので毎日病院にお見舞いに。

【4月3日】
ICD(植え込み型除細動器)植え込み手術。
↑左胸(肩寄り)に植え込み、もし不整脈が起こったとしても、電気ショックを与えて正常な心臓リズムに戻してくれるペースメーカ機能もある機械。

【4月6日】
父がもうすぐ退院できそうで、雪かきが大変で、冬は滑る階段が危ないし、父が退院してから引越すとなると、父は無理してアレコレしそうなので、その前に引越しをしようということになり、両親の引越し。私の家のすぐ近くに。そして2年後にまた一緒に暮らす♪

【4月10日】
父やっと退院!!約3ヶ月振りに家に帰る。
術後、左肩を全く動かしていなかったので固まってしまっている。

【4月14日】
身体障害者1級の手帳をもらう。(ICDをいれると1級になるので)



とまぁこんな感じで、その後は1ヶ月間、近所の病院に脳のリハビリに通ったり(本当はもっとした方が良いのだけど父が嫌だと。)、今まで自分の会社の社員の生活を支えてきた父は、退院してからもやっぱり一番心配して気にかけていたのは、自分の体、自分の生活よりも社員の生活。

なので、色々としてあげたいと会社関係の人達に父が挨拶に行っったり電話をしたり、自分はもう引退しましたが社員の腕は確かなので頭を下げてこれからもお願いしますなどと・・・毎日色んなことがあって。

でも父があまり無理をしすぎると、急に汗がバーっと吹き出てきて体の力が抜けて立てなくなり、顔が青白くなったりして今でも毎日、大丈夫かと心配だったりするのですが、無理をしなければ、凄く元気に生活しています。

植物状態になるかもなんて言われたけれども、医師も驚くほど父は奇跡的に回復し、普通に会話も出来る状態になりました。それでも、たまに言葉が出てこないときはありますけれどもね。でも、こんなに回復してくれるとは・・・父の生命力ってスゴイな!と思います。

父がICUに入っている時、意識を取り戻してくれるのか、とっても怖かった。
ノーマンが寂しくて父を連れていってしまうのではないかとも思った。
「父が来たら、まだ早いよと追い返してね。お願いだから。」
とノーマンにお願いしたくらい。
ノーマンもそう思って追い返してくれたのかな? ありがとう☆
なんていう気持ちもあります。

今年ももう残り僅かですが、振り返ると(振り返るのはまだ早い?)
本当に色んなことがあった一年でした。
普通じゃ経験できない悪夢のような一年だよね。
こんなに悪いことが一気に起こるなんて、誰か厄年なの??
と思って冗談半分で調べてみると・・・犯人は父でした・・・納得(笑)

でも、一つ一つ壁にぶち当たった時に手助けしてくれる人も多くて
お世話になった議員さん、会社経営者さんたち、破産手続きするにあたって
書類作成でお世話になった労務士さん、税理士さん、父には本当にお世話に
なったのでとお金は受け取らずに手助けしてくれました。
他にも沢山の方たちが手をかしてくれました。

弁護士さんも普通は怖くて無愛想な人が多いみたいだけれども
とても親身になってくれる優しい方で、忙しい中でも心配して電話をくれたり
なにかあったらいつでも電話してくださいなどと優しい言葉をかけてくれたり。
皆さん、見返りを求めずに手助けしてくれて感謝してもしきれないです。

これも全部、人が良すぎる・優しすぎると言われる父が、今まで周りの人達に、相手のことを一番に考えて色々と行動し、積み重ねてきたものが今そのまま返ってきているんだなと感じました。


人生、山あり谷あり、大変なことの方が多いかもしれないけれど、生きているってことだけで本当に幸せ♪大切な家族と一緒にいられるってだけでとっても幸せ♪生きているって素晴らしいよね!!だから小さなことにも感謝しながら幸せを感じながら生きていかなきゃ!!

そしてこれから、今まで父が忙しくて出来なかった分、両親と、
近くでも良いから色んな所へ行って色んな思い出を沢山作りたいです。
じゃなくて、現在進行形で沢山作っています♪
もちろんホビーともアッシュとも♪

このどうしても気になっちゃう「悪ガキ三兄弟だワン!!!」
消すことも出来ず、書くことも出来ずにいたけれども、これからは暇を見て
アルバム変わりのようにチビ達の写真をUPしたいなぁなんて思います。

前のようではなく、完全に自己満足な感じにはなるかと思うけれども。
この日はこんな事したなと後から見てわかるような写真を残していきたいです。
不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ワガママをお許しください。

最後になりますが・・・
仲良くしてくださっていた皆さん、お言葉をかけてくれた皆さん、
本当に、本当にありがとうございました!!
こんなに長いのに読んで下さって有難うございました。

お体だけはお大事にしてくださいね☆


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。