プロフィール

ほびたん

Author:ほびたん
おうち北海道札幌市在住おうち
ほびたんウインク遅刻魔事務員さん

肉球M.シュナウザー(♂)アッシュ7歳
肉球M.ピンシャー(♂)ホビー8歳
肉球ラブラドール(♂)ノーマン14歳


最近の記事


お気に入りリンク♪


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


RSSフィード


FC2カウンター


 

現在の閲覧者数:

 Adgger



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |

またまたご無沙汰して申し訳ございません。

今更ですが・・・
皆様、温かいお言葉、本当に、本当に、ありがとうございました。
涙が溢れました。勇気付けられ、読み返す度に、何度も励まされました。
ノーマンも私も温かい言葉をかけてくれる方達がいて幸せだなぁと。

そして、いつまでもくよくよしてても・・・前向きに頑張ろうと思い、
2009年1月7日に、皆様の所へご挨拶に伺おうと思っていました。


ですが、その日の朝9時頃、私の父が倒れてしまったのです。


書こうか書かないか迷っていたのですが、普通に生活をしていると
当たり前になってしまう事があると思うのです。
小さな幸せや、小さな事にも感謝する気持ちや、他にも色んなことを
見落としてしまう事があると思うのです。

私はそんな気持ちを毎日毎日、大切にしていきたいなと。
皆さんにも毎日をもっともっと大切に過ごして欲しいなと思いまして。
どんな形かはわからないけれども誰にでも起こりうること。
いつまでも元気だと思っていてはいけない。
今日ある笑顔が、もしかすると明日にはないかもしれないから。


1月7日は仕事始めの日で、結構雪が降り積もっていたみたいで
私の彼が、地方に泊まりで帰ってくるのは昼過ぎの予定だったのだけれども
何故か朝方帰ってきて朝の5時くらいから雪かきを開始し、父が起きる頃には
もう雪かきが必要ではない状態だったそううです。

それなのに、父は除雪機を使って綺麗に除雪をしました。
そして除雪が終わり、家の中に入ってソファーに座ると体調が悪くなり
汗がバーっと吹き出てきたそう。

でも、そんな症状はたまに起こっており、いつもは甘い物を食べればすぐに
おさまるので、その日も甘い物を食べておさまるのを待っていたのですが、
症状は良くならず、おかしいと思った母は寝ている私の名を1階から呼びました。

2階で寝ている私は、いつもは何を言われても起きないけれども、
その日は何故か嫌な予感がしてパッと起きて階段を駆け下りました。
そこで見た光景は・・・父が胸の当たりに手をやりながら苦しんでいる姿。
母はどこかに電話している様子。

寝起きの私は、なにがなんだかわからなかったけれども
ただ事ではない!ということが一瞬にしてわかりました。

すぐに父の元へ駆け寄り、「大丈夫?今、救急車くるから頑張ってね!」と
声をかけるも、その声は届いていないのか父の目は私を見ない。
そして、みるみるうちに父の顔色がどす黒くなって・・・脈が触れなくなって・・・
本当あっとゆう間だった。

私の彼が外に出て、救急車を誘導してくれたので救急隊がすぐに到着。
父は心肺停止状態だったので、AEDによる心肺蘇生措置が何度か行われ、
心臓が震えている状態で救急車に乗り病院へ搬送されました。
その間、約20~30分は低酸素状態。

病院に着いてすぐにICUで手術が行われました。
心臓が止まった原因は、突然死をひきおこすほどの不整脈。
25年程前に一度、心筋梗塞で倒れたことがある父は、
もう心臓がかなり弱っていたみたいです。

医師からの説明によると、低酸素状態で脳に酸素が送られていない状態が
続いていたので、助かったとしても植物状態になるかもしれませんと。
蘇生後脳症という、脳に少し障害が残るのは確実ですと。



...Read more♪


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。